学研DS新TOEIC(R)テスト完全攻略のレビュー・口コミ・評判・感想



■内容

学研が学ぶ人の立場で作ったTOEIC対策ソフト。

受験が初めての人から高得点を狙う人まで、自分が目指すスコアレベルに応じて学習できる「スコア別レッスンモード」や実際の試験ができる「模試モード」を搭載。

さらに画面上にメモの記入を可能にし、“いつでも、どこでも、実戦的で効率的な学習”ができるようにしました。

毎年延べ150万人以上が受験する一般向けとしては最大規模の試験の対策ソフトです。

まずは、自分の実力を「実力診断テスト」で確認。

結果をもとに470点・600点・730点・860点以上の4つの中からコースを選択。

選択コースにあった問題が出題されるので効率的な学習ができ、短期間で実力が身につきます。

口コミ1

12秒という短い時間が設定されているディクテーション。

それを設定で変更できたりするならともかく・・・・・

長めの単語なら一回スペルミスするだけで死亡確定。

文字認識が良いとはとてもいえない仕様にもかかわらず。

口コミ2

文字の認識が信じられないくらい悪いし、遅い。

正直、単語学習はやりたくても、”できない”に等しいです。

さらにボタンやスクロールバーのデザインは、DSを想定していないのか、小さかったり、かたまって置かれていたりで、誤操作してしまうほど、非常に使い勝手が悪いです。

期待していた分、かなり損した気分です。

英語学習ソフトでここまでのは初めてでした。

口コミ3

旺文社のものよりもTrainingはしやすい。

試験問題自体の内容は素直な問題が多い。

User Interfaceが格段に優れている。

一つの画面にボタンがまとまっている。

書き取りテストは制限時間が短いが、これはすべてPASSすればいい。

他のテスト問題は非常に学習を進めやすい。

VER.2が出れば間違いなく購入する。

口コミ4

空き時間に手軽に準備ができる点は、高く評価します。

特にリスニングは試験直前に準備を始めた私にはとても助かりました。

ただし、問題を繰り返していると、どうしても同じ問題に当ってしまい、リスニング力に関しては正しく評価できないという難点もあります。

文法、単語問題などは繰り返すことで記憶が強化されるので、こちらの面では良かったと思います。

勉強時間が取れない人、試験日が迫ってしまった人にはお勧めです。

でも、もう飽きてしまったので、次の試験を受ける時は、他者のソフトでチャレンジしようかと思っています。

口コミ5

文字認識については、多くのレビューに書かれているようにほとんど機能しない状態です。

僕の場合は特に“t”と“f”がいくら書いても認識されませんでした。

でも、TOEICの本番試験とは全く関係ないでの問題なく使えるのではないでしょうか。

手書きじゃないと嫌な人には勧めませんが、ある程度英語を理解していて、リスニング中心に問題慣れしたいという人には良いと思われます。

参考書を開いて勉強するよりは圧倒的に楽で楽しいですよ。

寝ながら出来るし。

学研DS 新TOEIC(R)テスト完全攻略のその他の口コミはコチラ


TOEICのスコアアップを目指す人へ

TOEICのスコアアップを目指すためには英語の基礎知識だけでは太刀打ちができない領分があります。

文法、英単語、そしてイディオムなどを覚える必要はありますが、TOEICを説くためのコツ(スキル)を知っているのと知らないのとではスコアに大きな差が出てきます。

たとえば単語帳を作り、必死に単語のみを覚えるのは逆に非効率になってしまうこと。

イディオムだけが出ている問題集だけを必死にやってしまう事など非効率な勉強方法をしていませんか?

限られた時間を有効に活用する。

そしてきちんとした対策を取ることがスコアアップの道になります。

続きを読む





















































post by